top of page

2023シーズンもありがとうございました。

今年、段戸川C&R区間では成魚放流を止めるというチャレンジを開始した年でした。

ヒレピンの魚が釣れることを目指しての取り組みです。



しかしながら、「普通のC&R区間と違って魚影が薄いじゃないか!」という誤解を生む可能性もあるシーズンでした。


実際、「アマゴよりもブラウンが多くなったのではないか」という声も聞きました。


今は過渡期と考えて下さい。


今年の2月北海道大学から「放流しても魚は増えない」という論文が発表され、内水面業界では議論が巻き起こりました。


長期的に見ると、放流することが個体数の減少をもたらすという衝撃の内容です。

この論文をうけてという訳ではないのですが、昨年時点で段戸川C&R区間では成魚放流停止を決めていました。


今年から数年は実態の調査が重要です。


数年後には、「段戸川C&R区間ではヒレピンの魚が沢山泳いでいるじゃないか!」という状況を目指して運営していますので、今後とも暖かく見守って下さい(^^


閲覧数:113回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page