• dandoamago

6/6(土)段戸川テンカラ講習会レポート

最終更新: 6月12日

第1回目が終了しました。

幸いにもそれほど晴れ上がらずに、適度に曇った状態で出来、たくさんのアマゴがかかってくれました(^^


この講習会の目的である「段戸川C&R区間の魅力を知って頂く」が達成出来たと思います。

参加者?? 3人で講師の方が多い状態でしたが、各自5匹は釣れたと思われるので、魅力は伝わったはずです(^^;


写真をペタペタと貼って様子を紹介します。


こちらは開始前、講師メンバーにテンカラ大王として親しまれる石垣先生からの今日の状況ブリーフィングです。

(この他にも資料を配布して、均一したレベルの講習会となるよう配慮しています)


次に開始時、参加者の3名も集まり、簡単な説明。


その後、グループ分けしてそれぞれのポイントに散らばり、講習開始。

こちらは最下流のグループ。

参加者1名に対して2人体制です笑


石に隠れ、姿勢が低い。いいですねー。出るに違いない。


小プールでも、低い姿勢でにじり寄ってキャスティング! 出るか?!

※筆者は写真しか見れてないので想像です


やっぱり出ました。岸際のボサ下でしょうか。


ナイスアマゴ! 講師の間では教えることないんじゃ説が流れていました(^^;


こちらは上流組その1。

ロッドの取り扱いを説明中。


途中、場所を移動して講師に石垣先生も加わり2名体制。


見事にかかったタイミングでも熱血指導、おやじギャグは出たでしょうか笑


ニコパチ!



上流組その2

最初はキャスティングがあやしかったですが、メキメキ上達していました。


かかるか?


お見事! 「はい、釣れましたよ」と講師に渡す。


魚を見つつ、アマゴの特徴である朱点やパーマーク等を説明。


赤みがかったアマゴが多かったですね。



上流組の遠景。


あっという間の2時間でした。

一人5匹くらいは出たので十分満足いただけたかと思います。

今日の内容はテンカラのほんの入口ですので、是非これからも段戸川C&R区間に来て、腕を磨いて頂ければ!


最後の集合写真で終了です。



午後のおまけ

午後はおまけで、希望者に石垣先生や久保さんが毛鉤巻き講習会等を実施してくれていました。

毎回できるわけではないので、参加者の方々はラッキーでした(^^;


一方倶楽部内では西尾さんによるブラウン講習会。

倶楽部メンバーの皆さん、真剣に聞かれていました。



さらにさらに、静岡から遊びにきてくれていた大谷さんによる山菜講習会。

コシアブラ、ミズ、桑の実、キイチゴ等、段戸川C&R区間の恵みを再発見。


講習会参加者、講師の倶楽部メンバーともに充実した一日でした。


230回の閲覧
 

©2019 by naguragawagyokyo & clearwaterproject