杉坂養魚場さんのアマゴ、ボランティアガイド

4/3(土)に放流したアマゴ、いつものだったら日曜の増水で半分はいなくなるイメージなので、さあどうかと確認に行ってみました。


たまたま、今シーズン初の段戸川ボランティアガイドの日程も重なり、その様子を上から拝見。


Aの橋の上からも放流アマゴが元気に泳いでいるのがわかります。

さすがは杉坂養魚場さんのアマゴ。


あの程度の雨による増水なんてどうってことないようです。

瀬に出て捕食している個体もチラホラです。


近づいてみると毛鉤も追っているし、ちゃんと見切って反転してます。

とてもいい感じ。


後ほど、自分で餌もまいてみましたが元気元気(^^

餌と一緒に自分の毛鉤も流してみましたが、見切る見切る。

賢い! よく教育されています笑


いやー、今までの成魚は何だったのかという差を感じますが、もうしばらく様子をみたいところです。


ボランティアガイドの方は、少し肌寒い一日でしたが、なんと最後に放流アマゴでもなく尺ブラウンを釣ったそうです。


たまたま来ていた倶楽部メンバーのKさんが釣ったアマゴ達も見せてもらいましたが、放流ものではなく発眼卵か自然産卵のアマゴのようで、ついにお魚さん達も動き出したようです。


段戸川周辺は名古屋や豊田とは明らかに気温が違い、小渡あたりとも違います。

それがようやく桜や花桃が咲き出したので、あわせて魚達も動き出した様子。

景色は綺麗だし、良い季節になってきました。


これはかかってしまったうっかりアマゴさん。どの個体もちゃんと餌を食べてました。




205回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示