段戸川倶楽部遠征 源流釣行

段戸川倶楽部ではよりよい川づくりを進めるべく、本来の川の状態がどんなものか?確認したり、コミュニケーションを強化したり、単に楽しんだりという目的で遠征をします。

その第一回目でとある源流に行ってみました。


いずれまとめ動画を編集したいのですが、とりあえずは写真でペタペタと様子をご紹介です(^^



いきなり川に入るのではなく、魚影が濃いとこまでは山越え谷越えの進軍です。


楽しそうですね(^^


ようやく河原に下り立ち


それでもまだ竿は出さず


ようやく竿だし



この谷のいつもの状況からすると渋かったと思いますが、普段段戸川C&Rのスレアマゴで特訓している私達としては、もう天国です。

わんさかイワナが出てきます。




私達だけでトータル100匹は優に超えていますので、お魚さんの写真はいっぱいあるのですがこのくらいにして、変わりネタの雪渓。

標高1000mもないのに、この時期にも結構雪渓がありました。

雪渓上のSさん、満足そうです(^^


そして、滝、滝。



キャンプ地へ戻り宴会開始。


Sさん作成、芸術品の飯盒ラック。


3つの飯盒をかけれます。感動。


いつもは完全C&Rな私達ですが、川から少しだけお裾分けを頂き、イワナの刺身/炊き込みご飯/塩焼き。うーん、美味。


2日目はまったりモードで準備し、近くのエリアへ。


K隊長案内のもと、


川へ。


キャンプ地から近いと言っても釣れます(^^;


皆で前後しながら釣り上がり、


ばんばんイワナを出し


川を飛ぶ。


いやー、最高ですね。


キリがないです。


それでも2日目は昼前にはキャンプ地も撤収し、この流域に詳しいマスターがいらっしゃる喫茶「けがさ」で情報をお聞きし、名古屋への帰路につきました。



そうそう、雪渓があったので、周りでウドなどの山菜もまだまだ採れました。ウドのきんぴら、最高の酒のアテです(^^


K隊長はじめ、参加者の皆さん、最高の2日間をありがとうございました!

また行きましょう。

閲覧数:459回0件のコメント

最新記事

すべて表示