ハイパーアマゴ放流

エキスパートフライフィッシャーの杉坂研治さんが育てたアマゴを段戸川C&R区間に寄付して頂きました。

杉坂さんのハイパートラウトへのこだわりについては、こちらをご覧ください。


https://kencube.info/fish_management/


数は多くはありませんが、5匹ほどまさにハイパートラウトの名にふさわしいアマゴがいます。

この写真の手前のアマゴなんかがそれです。

写真で見ると、なかなか凄さが伝わりませんが、他のアマゴも25cm以上ある幅広アマゴなのに異彩を放っています。


放流の様子はこちらをご覧ください。


この大型アマゴは釣れなくてもよいので、是非秋の産卵まで生き抜いてほしいです。

大型の魚は大型の親から産まれる確率が高く、その遺伝子は貴重です。


次に中型の放流の様子はこちら。

中型と言っても、釣れたらめちゃ嬉しいレベルの魚体とヒレをしています。



移動させる時にも、タンクに入れるとすぐに魚体の色が変わり、保護色になっていました。


杉坂様、いずれも素晴らしいアマゴをありがとうございました!

何個体かは産卵して段戸川C&R区間で命をつないでくれますように。

194回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示