解禁前準備(発眼卵放流後96日目)

川には氷が貼っている寒い日でしたが、元気なアマゴちゃん達を見に行ってきました!



今年はだいぶ寒い日が続いているので、成長速度がどうかなーという感じでしたが、やはり前年よりもかなり遅い状態です。

前年はとうにさいのうがなくなり、早く早くとせかされるように1月末に放流しましたが、まださいのうがある稚魚がいます。


まだ浮上する様子はありませんので、2/13(土)に段戸川倶楽部メンバーで放流するタイミングでちょうど良さそうです。


ハプニングとして、アマゴの発眼卵BOXの上部でブラウンの1歳魚が越冬していました(^^

捕獲して撮影。


ブラウンは年々増えているのか減っているのか、アマゴの増殖に影響があるのかないのか、これは今年から段戸川俱楽部で始める釣獲調査でわかってくると思います。


その後、段戸川沿いの林道を153号まで車で上がり、途中の石をどけながら、一応153号まで抜けれることを確認しました。


しかしながら、林道の荒れ方がなかなかの場所があり、4WDのSUVでないと行きにくい状況です。

商工会さん経由で、豊田市には補修依頼しているものの、生活に必要な道路とはみなされないので優先順位が落ちているんだろうと思います。


自分達で何とかするしかないか・・・というところです。


77回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

©2019 by naguragawagyokyo & clearwaterproject